XEMarkets 細かい解説

image sample

使いやすい上に、最大888倍のハイレバレッジな取引もできるXEMarkets

最大で888倍のハイレバレッジ、そして米ドル円のスプレッドが1銭からという取引でFX 戦略できるのが、XEマーケット(XEMarkets)の最大の魅力です。

メタトレーダー4とマルチアカウント・マネージャーソフトで、複数アカウントの管理も簡単にでき、スマートフォンでの取引も可能となっています。

スキャルピング狙いのトレーダー、そしてハイスペックな取引環境を望んでいる人には、最適のFX業者になっています。MT4の使用も無料なので、自動売買も簡単手軽に始めることができます。

2102年7月にTrading Pointがさらに進化

メタトレーダーの抜群の安定感、そして使用感覚も最高

日本でも有名だった海外FXサービスTrading Point(トレーディングポイント)が、2012年の7月に、サービス名を新たにして、機能やサービスを充実させたのがXEMarkets(エックスイーマケット)です。

キプロス証券取引委員会(CySEC)からの認可を受けているXEMarketsの運営会社であるTrading Point of Financial Instruments Ltd社は、2009年から営業を始めました。

そして日本では2011年頃から、リクオートがない安定した取引環境と、入金毎にもらえるボーナスなどのサービスが評判を呼び、一般ユーザー数が球速に拡大しました。

そしてユーザーからのさらなる要望に答えるために、最高のトレード環境とサポート環境、サーバーなどのインフラの整備、レバレッジの拡大、入出金方法の多様化などのサービスを充実させて、新たにXEMarketsとして再出発を果たしました。

さらにXEMarketsは、英国FSAのライセンスを取得しています。英国FSAは、世界でも最も審査基準が厳しいことで知られています。

そしてもしXEMarketsが破綻するようなことがあっても、顧客の資産は最大で20,000ユーロまでは、補償されます。したがって海外FX業者の安全性に不安を持つ人でも、安心して取引ができるようになっています。

日本語対応

XEMarketsのホームページは、日本語化されているので、英語がわからない人でも安心です。そして取引に使うWebシステムやMT4は、日本語に対応していませんが、使い方は難しくないので、ほとんどの人には問題なく使うことができます。そしてXMには、少数ではありますが、日本人のサポートスタッフが在籍していますから、もしもの時も安心です。

そしてメールサポートも、日本語ですることができます。メール問い合わせの返事も、もちろん日本語です。電話サポートも、日本人担当者がいるときは、もちろん日本語対応です。

ライブチャットでの、ユーザーサポートも行なっていますが、こちらは今のところは英語のみの対応です。これからの対応に期待しましょう。